住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

キャッシングと住宅ローンの関係

 

家を買いたいと思っているけれども、現在進行形で他のキャッシングを使っているという人は、住宅ローンの借り入れが可能でしょうか。

キャッシングを利用していることと、住宅ローンの融資を受けることは、互いに関わりはありません。

 

しかし、住宅ローンの融資を受けるために銀行に審査をしてもらう場合に、他社からのキャッシングを聞かれることはあります。

 

気になる物件があった時に、機を逃さずに購入ができるようにするには、キャッシングと住宅ローンの関わりを理解しておきましょう。

 

審査の内容は金融会社によって異なりますが、住宅ローン審査では、他社からの借り入れ状況も審査項目になるようです。

 

いくつかの観点から申込み者の信用を判断して、完済できる見込みが立つ人に融資を行っているという仕組みです。

 

金融会社は、信用情報機関に個人の信用情報を照合することで、キャッシングの利用履歴のデータを閲覧できます。

 

例えば、全国銀行個人信用情報センターならはせ、今まで使ったクレジットカードの利用状況や、キャッシングの返済履歴などが、5年分残されており、情報を確認できます。

 

住宅ローンの審査をする場合、今までのキャッシング履歴を確認して、延滞や、返済不能になったことがないかを調べていきます。

 

逆に言うと、借りたお金をしっかり返済している限りは、キャッシングの利用履歴があっても問題ありません。

 

過去5年以内に滞納をしていたり、キャッシングを借りすぎていると、住宅ローンの審査が不利になります。

 

今までの住宅ローン利用履歴のせいで、住宅ローンの審査を断られてしまったならば、信用情報会社の情報が更新されるまで待ちましょう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿