住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

ローン審査での信用情報センターの役割

 

ローンの審査で絶対に行われるのが、信用情報センターへの照会というものです。

 

クレジットカードやショッピングクレジット、さまざまなローンの利用残高と、返済の履歴が、信用情報センターには記録されているといいます。

 

債務整理や返済の延滞などについても、一定期間の間は管理されています。

 

信用情報機関は3つの機関があるようで、平成21年8月に統廃合がされたようです。

 

顧客全ての信用情報を業者が照会できるよう、指定信用情報機関間での情報のやり取りがされているそうです。

 

 

信用情報センターで金融会社がローンの申請があったときに確認するのが、顧客についての信用情報です。これから融資をしてもリスクはないかどうかをチェックしているのです。

 

信用情報センターに登録されている情報になにか理由があることで、ローンの申込みをしたけれど審査を通過することができなかったという人もいるでしょう。

 

個人情報で信用情報センターに登録されているものを自分で見ることは、開示請求をすれば不可能ではありません。

 

 

 

今まで組んだローン利用履歴があるかどうか知りたい人場合には、自分で信用情報センターに開示請求をしてみるのがおすすめです。

 

以前よりもローン融資は受けるのが難しくなっているのは、貸金業法が改正されたことが要因です。

 

ローンの申し込みをする準備として、今までの借り入れに問題はないか信用情報センターの情報をチェックしておくのもおすすめです。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿