住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅を購入する時は所得税の特別控除が利用できる | 住宅ローン見直し検討

 

住宅ローンの所得税控除は、長期優良住宅を買うためにローンを組んだ時に使える仕組みです。

 

長期優良住宅は、環境に優しい長もちする家をつくることを推進するために、2009年の法律によってできたものです。

 

改修しやすく、高い耐久度があり、地震に強いことが、長期優良住宅の特徴的な点です。

 

住宅ローンを組んでも、長期優良住宅に住みたいという人を増やすために、所得税の控除の法律がつくられました。

 

長期優良住宅にすることで、解体をする時に出る廃棄物を減らす、エコな生活も意図されています。

 

一度立てた家に長く住み続けることができるように、長期優良住宅は長く使える家であることも重視されています。

 

また、2017年までであれば、最大65万円までの所得税控除が、住宅ローン控除を受けていなかった方でもできます。

 

一度建てたら、以後は長く住んでいられる長期優良住宅

 

10年おきに柱など家屋を支える部分を確認し、必要ならば補修をした上で、記録に残しておくという計画になっています。

 

これから住居の購入を検討しているという人は、住宅ローンを組んで長期優良住宅を購入し、

特別控除を利用するという形を検討してみてはどうでしょう。

 

所得税の特別控除を利用する時には、税務署にそのための書類をつくって渡すステップが必要です。

 

所得税からの控除はどうすれば利用することができのか、これから住宅ローンを組んで家を買うつもりの人はリサーチが必要です。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿