住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの変動金利の仕組み

 

もし仮に住宅ローンを組むことになったら、変動金利固定金利はどちらが有利なのでしょうか。

 

変動金利型は金利が変動するのでリスクがあるというイメージがあるようですが、住宅ローンの変動金利とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

変動金利制では、一年間に2回金利が変わるというという金融会社が多いと言われています

 

返済金額の変動は、金利の変更に伴って起こるという印象があります。

 

ところが多くの金融機関では住宅ローンの変動金利型の返済額は5年間一定となっています。

 

5年間の間には10回分の金利の見直し作業が行われるわけですが、5年間は金利が上がっても返済額が増えず、金利が下がっても返済額が減ることはありません。

 

どんな理由があって、この決まりが成立したのでしょう。

 

 

 

日本の金融機関が変動金利型の住宅ローンを販売し始めるときに半年ごとに返済額が変わるのは返済する人も戸惑うだろうという理由で、5年に一度の返済額の見直しに決めたのです。

 

返済金のうち、どのくらいが元金返済で、どのくらいが利息返済かを決めることで、帳尻を合わせることができます。

 

5年間は返済金を変えないと、金利が上がった時に困ったことになります。

 

返済の何%が利息分かを変えることでつじつまを合わせます。

 

普通住宅ローンでは、

返済回数が重なるほど利息の割倍が減っていくのに金利が上がると再び利息の額が増えてしまうのです。

 

住宅ローンを変動金利で組む場合にはこの点を理解しておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿