住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの審査に通らない理由

 

住宅ローンを利用しなければ、家を買うために必要なお金が調達できない人は大勢います。

 

金融機関の中でも、住宅ローンに対応しているところはいくつもありますので、一つを選んで申込み手続きをとります。

 

申込みをして、審査をクリアしない限り、住宅ローンを使うことはできません。

 

住宅ローンの審査では、月々の収入が安定していることは言うまでもなく、年齢もチェックされると言われています。

 

長くて完済まで35年かかることがある住宅ローンですが、それだけに、申込み者が返済時に何歳になっているかも大事です。

 

住宅ローンを返し終わった時に申込み者が80歳以上の場合は、審査が通りにくくなるといいます。

 

そのため、完済までの期間を短くせざるをえなくなりますが、そうなると月々の返済金額が多くなります。

 

年収の35%を越える返済負担になると、審査は通りづらくなります。

 

定年退職をする前に返済が終わっているような住宅ローンでない限りは、返済がスムーズにいかないことがあると思われます。

 

一生涯の生き方を考えた場合、審査のためだけでなく、早いうちに住宅ローン融資を受けておいたほうが返済はしやすいでしょう。

 

会社を転々としていると、正社員でも収入が安定していないと判断されがちです。

 

勤続年数は1年は欲しいものです。

 

住宅ローンは数千万円という大口のローンになりますので、金融会社としても、確実に返済ができる人にお金を貸したいと考えます。

 

提出が必要な書類も多くなり、手続きもややこしくなるのが、住宅ローンの申込みです。

 

先々のことを見越した上で、住宅ローンの申込みをして、審査を受けるようにしてください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿