住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの審査基準

 

仮に、住宅ローン融資を受けるのであれば、どういった点に注意をして、審査を受けるといいでしょう。

 

多くの人が、住宅を買う時には手持ち現金での一括払いではなく、住宅ローンを使ってお金を調達しています。

 

住居は一生に何回もない大きな買い物ですので、住宅ローンを利用しなければお金が用意できない人も多いようです。

 

住宅ローンを使いたい時には、金融機関に申込み手続きをして、審査でOKをもらわなければいけません。

 

審査を通貨することができなければ、どんな金融機関でも、住宅ローン融資を行うことはありません。

 

長期にわたって返済をすることになりますので、その間の返済能力が確実にあることが大事になります。

 

コンスタントに収入を確保できているのか、勤続年数がある程度の期間あるか、企業の経営に不安な点がないかなどが審査で確認されます。

 

審査では、申込み者が過去にキャッシングの返済を滞らせたことがないかも確認します。

 

信用情報会社には、過去数年間のキャッシングの利用履歴が記録されており、照会することで、問題のある人物かがわかります。

 

かつて、自己破産や、債務整理をしたことがある人は、住宅ローンの審査では断られる可能性が高いと考えられます。

 

他社からのキャッシングの返済が終わっていない状態で、住宅ローンの申込みをすると、審査では不利に判断するローン会社もあります。

 

返済が済んでいても、まだキャッシング会社の契約が継続していることがあります。

 

契約を解除して、新しく借り直しができない状態にしてから、住宅ローンの申込みをしましょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿