住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの審査方法について

 

住宅ローンを組んで新居を買うことは一般的なことです。

 

家を買うために、1回払いで支払いを済ませるという人はあまりいません。

 

住宅ローン融資を利用するためには、金融機関の審査をクリアしなければなりません。

 

審査の結果、融資を断られる人もいます。

 

住宅ローンの審査ではどのような点をチェックされるのかを知ることで、審査に通りやすい状態をつくることができます。

 

住宅ローンの審査では、まず、購入する家を決めるところから始まります。

 

土地選びや、家選びを経て、購入する物件や金額を明確にしてからが、ローン手続きのスタートです。

 

購入する家を決めてから、金融機関に住宅ローンの事前審査をするように依頼します。

 

正式に住居の購入手続きをする前に、住宅ローンの利用が可能かどうかを判断します。

 

事前審査の結果が出るには、1~3週間を要します。

 

家を買うために交わす契約は、住宅ローンの事前審査をクリアしてからでないとできません。

 

金融機関は、家を買うための契約が終了するまで待ってから、購入金額に基づいて、住宅ローンの本審査をするという段取りになっています。

 

本審査は1週間ほどかかります。

 

この審査をクリアすることで、やっと住宅ローンの融資が受けられます。

 

 

大口の融資になりますので、住宅ローンの審査はどうしても時間がかかります。

 

必要な書類を揃えるだけでも結構な時間がかかることもありますし、提出書類に手落ちがあれば、直したり、確認したりでさらに時間を要します。

 

 

特にトラブルなく手続きができた場合でも、1カ月は必要です。

 

時間的な余裕がなくてばたばたになってしまわないよう、余裕をもって話を進めましょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿