住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの申し込みとキャッシング

 

キャッシングが気楽に使えるようになって、ちょっとお金が不足している時などに便利に活用されています。

けれども、住宅ローンの審査では、キャッシングを利用していることが悪影響を及ぼすことがあると言われると、困ってしまうものです。
キャッシングを使っていても、原則的には、住宅ローンには支障はありません。

 

住宅ローンの審査で断られるというのは、キャッシングの返済を滞らせたことがある人の話なので、きちんと返済ができている限りは無問題です。

 

不注意が原因でトラブルが起きた経験はどんな人でもあるでしょうが、キャッシングの返済は月々必ずしなければいけません。

 

どんな事情だとしても、キャッシングの返済が遅れると、その記録が信用情報会社に5年は残ってしまいます。

 

返済能力のある顧客かを判断する時に、キャッシング会社は、過去の返済履歴を参考にしています。

 

できれば、他のキャッシングの返済途中での住宅ローンの申込みにならないように、一括返済を済ませてから、住宅ローンの審査を受けるようにし

ましょう。

 

今まで返済を滞らせたことがないという人でも、借り入れ中のキャッシングがあると、審査に不利になる場合があります。

 

また、全額返済をしていても、キャッシングの契約をしたままということもあります。

 

限度額までの借入枠を持ったままでいると、返済は終わっていてもいつ新たな借り入れをするかわからない状態と判断されますので、契約を解除しておきましょう。

 

新しく住宅ローンの申込みをする時は、現時点の自分自身の信用情報を確認して、審査で不利な点はないかを調べておきましょう。

 

マンションの借り換えを行う時は、http://マンション高く売る.com/が参考になりました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿