住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンの自営業者の選び方について

 

日本では働いている人の約20パーセントが自営業者です。

 

彼らにとって一番困るのは不動産の購入のときに住宅ローンの審査が通りにくいことです。

 

その理由としては2つあり、サラリーマンに比べて収入が不安定で、信頼性が低いと判断されるからということと、自営業者が節税対策のために実際の所得より低く申告していることです。

 

銀行の側としては返済能力があるかどうかが審査基準なので所得が低く、突然収入が激減する可能性のある自営業者は審査に通しにくいのです。

 

 

自営業者が住宅ローンを選ぶ選び方としては住宅ローン審査に通りやすいところを選ぶことです。

 

しかしながら選び方を考えるまえに審査に通る3つのコツをクリアしましょう。

 

 

まずはじめに安定した収入の確保です。最低過去3年間は赤字がなく300万円以上の所得がなければ審査に通ることは難しいです。

 

次に頭金の準備です。できれば20パーセントほどは用意しておきましょう。そうすることで毎月の返済額が少なくなり、ローンも組みやすくなります。

 

返済比率を下げることも重要で、30~35パーセントになるようにします。

 

返済比率とは税込み年収に対する年間の返済額のことで住宅ローンだけでなく車のローンや消費者金融での借り入れなども含んでいます。

 

これらを出来るだけ減らすことで審査に通りやすくなるのです。

 

 

そして選び方としては審査への通りやすさだけでなく金利の低いところ、融資事務手数料が低かったり保証料や団体信用生命保険などが無料のところを選ぶとその後の返済が楽になるでしょう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿