住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンは変動金利が有利なのか

 

近年では、変動金利で住宅ローンを使うという人が増加してきています。

 

適用金利が低いので返済額が抑えられる、またたくさん借り入れすることができます。

 

変動金利は、金融会社や、不動産関係の会社からも、勧められる機会が多いと言われています。

 

 

広告に掲載されている不動産の金額は、住宅ローンを使う時には変動金利を選択したものとして試算されていることが多いと言われています。

 

変動金利型の住宅ローンを用いれば難しいと思っていたマイホーム取得もできそうな気がしてきますが本当に変動金利型の住宅ローンは有利なのでしょうか。

 

 

変動金利型の住宅ローンは半年ごとに適用金利が見直されますが返済額が急に変化するのは家計にとっては大変なことです。変動金利には、1.25倍ルールと、5年ルールが存在しています

 

5年ルールというのは適用金利の見直しは半年ごとでたとえ金利が上昇しても5年間は返済額を変えないというものです。

 

また、急に金利が上がった場合でも、1.25倍が適用されて、金利は1.25倍以上になってはいけないということが決まっています。

 

 

けれども、実際の金利が上がっていれば、月々の返済をきちんとしていても元金の返済が遅れます。

 

もっと金利が上昇すれば利息が返済額を超えてしまい未払い利息が発生するリスクもあります。

 

変動金利は住宅ローンの最終返済日を迎えた時点で元金に未払い利息が残っていた場合、一括返済をしなければならないので気を付けましょう。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿