住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローンを変動金利で組むリスク

 

最近は、変動金利で住宅ローンを利用する人が少なくありません。

 

不動産会社も推奨しています。現時点での返済額が低く抑えられるので住宅ローンを組むというハードルがかなり低くなるからです。

 

どんな点に気をつけて、住宅ローンの変動金利を選ぶべきでしよう。

 

 

金利が低い情勢が続いてるために、今は変動金利を利用し、ゆくゆく金利が上がる兆候が見えたならば固定金利にすればいいと考える方もいますが、適切な考え方ではありません。

 

変動金利型や短期の固定金利型は日銀の政策金利を元にした短期プライムレートによって金利水準が決められます。

 

日銀が低金利政策を継続するならば当面住宅ローンの金利は上昇しないと予測することが可能です。

 

長期固定金利の場合は、特定の団体などが決めている金利とは違うものです。

 

 

 

さまざまな要因によって金融市場において決まるものであり、長期金利は短期金利よりも先に上昇する傾向があります。

 

場合によっては、変動金利の状況を確認してから長期金利に変えようとしても、既にタイミングを逃していることがあります。

 

今後、どのように金利が変わるかを織り込みながら、変動金利を利用する必要があります

 

返済額が増えても対応できる貯金がある人は良いのですが、これから支出が増えていくことがわかっている世帯の場合には注意が必要です。

 

金利が低いときに住宅ローンを変動金利型で組むことは大きなメリットもありますが、将来的なリスクも視野に入れたうえで検討することをおすすめします。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿