住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅ローン控除の申告をする方法について | 住宅ローン見直し検討

 

もしも住宅ローンの控除を使いたいならば、確定申告をすることが必須です。

 

ただし、被雇用者は毎年確定申告をする必要はありません。

 

最初の1年目に確定申告をすると、その後は年末調整で行えます。

 

初体験の人から見れば、確定申告をすることはハードルが高いことにように思えます。

 

けれど、必要な書類を揃えて提出すればいいだけですから、実際やってみるとそれほど難しくはありません。

 

税務署の相談窓口で相談してみよう

 

場合によっては、聞きたいことを電話で尋ねてもいいでしょう。不明点や、書式などについて確認してみましょう。

 

国税庁のサイトなど、ネットからの検索で県ごとの税務署の場所や電話番号がわかります。

 

確定申告の書き方サイトや、本を利用して、情報を得るというのもいいやり方です。

 

住宅ローンの控除に必要な書類としては、ローンの年末残高証明書が重要になります。

 

年末残高証明書がいつ発行されるかは、住宅ローンの金融機関や対応時期によって違います。

 

 

民間在宅ローンの場合は、1年目に限り、確定申告に間に合うように送られてきますが、

その後は年末調整に間に合うように、10月くらいになってから送られてきます。

 

一方、住宅ローンをフラット35で借りている場合、控除のための書類発行は、

ローン融資を受けるたタイミングによって違っています。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿