住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

住宅購入ローン金利の選び方 | 住宅ローン見直し検討

 

住宅は高額なものであるため、住宅購入には住宅ローンがつきものです。住宅ローンは豊富な種類がありますが、どんな選び方をすればいいものなのでしょうか。

 

まず重視したいものは金利です。

住宅購入のためにローンを利用する時には、できるだけ金利が低いところから借りたいと考える人も多いことでしょう。

 

ただし、変動金利制の住宅ローンなどは、何年か経過すると金利が高くなってしまうこともあります。

 

住宅ローンを低金利で借りることができれば、最初に借りるお金を高額にしても返済が可能です。

 

途中で金利が変わるタイプには、固定期間選択型や、変動型の金利があります。

 

もしも金利が高くなれば、住宅購入時点の見通しよりも返済には費用が必要です。

 

仮に変動型金利を選択した場合、毎月の返済金額は5年に一度変動し、最大で1.25倍増える可能性があります。金利自体は半年に一度見直され、計算し直されます。

 

変動金利型で住宅ローンを使える人は、収入アップが期待できる人や、

教育費などの負担がこれから先減ることがわかっている人などです。

 

一方、全期間固定型の金利のように、住宅購入時の金利設定は高めでも、以後金利が変わらないというものもあります。固定金利では最後まで金利が同じなので、確実な返済プランが立てられます。

 

毎月同じ金額を支払い続けていれば返済が終了するため、別口の貯金や、子育ての計画などもつくりやすくなります。

 

住宅ローンの条件を考える時には、住宅購入時点の状況だけでなく、将来にわたってのプランを検討することです。

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿