住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

自動車ローンのシミュレーションの注意事項

 

自動車ローンを組むときに、シミュレーションを同時に行って、返済プランをつくるローン会社が増えています。

 

シミュレーションをすることで、完済まで毎月いくらずつの返済をしていけばいいかが、一目がわかるようになります。

 

金利何%で融資を受けると、完済までに必要な金額がいくらになるかなど、条件を修正しながら、返済プランを確認できます。

 

ただし、シュミレーションでわかる範囲のことだけでは、自動車ローンの返済の状況を、調べることはできません。

 

保証料をプラスしなければ、自動車ローンのシュミレーションはできないからです。

 

 

 

手数料を払って繰り上げ返済をする場合は、その時々の試算が必要になります。

 

ですから、シミュレーションでの内容を参考にしながら、個々の金融機関の貸付条件はしっかり目を通すことです。

 

完済までの負担が少ないものを見つけることが、シュミレーションをする目的といえます。

 

ですが、その他に保証料が必要になったり、繰り上げ返済時には手数料がかかる可能性もあることは、想定に含めるべきです。

 

月々の収入が必ずしも安定しているとはいえない人の場合、繰り上げ返済が思うようにできないということにも、なりえるでしょう。

 

これからの収入はどうなっていくかも返済プランの構築には重要

 

自動車ローンの申し込みをしても、審査に断られては元も子もありません。

 

仮に、自動車ローンの審査に断られれば、どれだけ頑張ってシュミレーションをしていても、活かしようがありません。

 

審査の通りにくさは会社によって異なり、銀行は特に厳しいといいます

 

金利と貸付限度額だけをチェックするのではなく、様々な条件を考え合わせた上で自動車ローンのシミュレーションをしてみましょう。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿