住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

自営業で住宅ローンを返済中の方に借り換え比較のご案内

 

自営業者の方で現在、住宅ローンを組んでいる人で返済を続けている場合、その返済が必ずしも最適なものか考えてみると、意外にも高い金利の返済を行っていることがあり、ほとんどの人がそれに気付かず返済を続けているでしょう。

 

住宅ローンは一般に不動産購入後に20年から35年と長期での返済となることが必然化します。

 

30年以上の返済をするとなると、最初の10年が金利と言われており、1%から3%の金利で借りるにしても年率換算でのパーセンテージであるため、実際に返済期間で支払う金利は大きくなり、例えば3%金利で返済を行うとなると、2000万円の資金を借りて、返済総額は3000万円を超えます。

 

 

自営業者は売り上げにバラつきがあることが多く、実体経済が不況な現在、貸し渋りや貸しはがしといったことも多いでしょう。

 

自営業者で現在、返済中の住宅ローンがあれば、他行での借り換え比較をしてみるのも良いでしょう。

 

借り換え比較はインターネットなどでもでき、また、ネットで調べて直接銀行に問い合わせる方法、窓口で対面による借り換え比較などの方法があります。

 

銀行は住宅ローン審査で完済年齢や借り入れ時の年齢、収入、担保、健康チェック、連帯保証人、過去の利用履歴など銀行により独自の調査が行われます。

 

すでに、銀行で審査が通過しており、現在返済中であれば、借り換え審査が通過しやすいと考えられます。自営業者向けに低い金利で貸し出しをしている銀行もあります。

 

多くの銀行の貸し付け条件を検索して、借り換えにより金利圧縮が可能であれば検討してみると良いでしょう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿