住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

自営業の住宅ローンの審査について

 

自営業者の人は、マイホーム建てたり、マンションを購入するために住宅ローンを利用したいという人が増えています。

 

住宅ローンは30年から35年の長い期間、金融機関と取引をするため、自営業者は、

安定して継続した収入のある会社員や公務員に比べると、審査に通りにくくなっています。

 

自営業者が住宅ローンの審査に受かるためには、なるべく多額の頭金を用意しておくようにしたり、団体信用生命保険の加入条件を満たしていたり、過去2年間の平均年収が300万円を超えている必要があります。

 

自営業者の人も、一定の審査基準を満たしていると住宅ローンを組むことが可能なので、

複数の銀行や信用金庫で審査を受けてみるようにして下さい。

 

住宅ローンの審査に受かるためには、教育ローンや自動車ローン、カードローンなどの債務はなるべく完済しておくようにして下さい。

 

ローンなどの債務があると、住宅ローンの審査に不利になってしまうので、注意をして下さい。

 

ほとんどの人が低金利で住宅ローンを利用したいと考えているので、固定金利と変動金利のどちらが特になるか、じっくりと考えておく必要があります。

 

自営業者の人も、経営が順調で、一定の収入を超えている場合は審査に受かりやすくなっています。

 

余裕のある時は、ローンの繰上げ返済も可能なので、金融機関のスタッフに説明を受けておきましょう。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿