住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

自営業の方の住宅ローン審査基準について

 

自営業を経営している人にとって、住宅ローンの審査基準は会社員よりも厳しくなっているのではないかと感じている人も多いようです。

 

確かにイオン銀行では、会社員だと勤続6ヵ月以上が条件であるのに対し、自営業者は事業を開始してから3年以上経過していることが条件になっており、審査基準の差は大きいです。

 

新生銀行ではどちらも勤続2年という条件は一緒ですが、会社員は前年度の所得が300万以上に対し、自営業者は2年間の所得が平均300万円以上と少し厳しめになっています。

 

 

しかし、その他の銀行などであまり差はみられず、JAはどちらも勤続3年、住信SBIネット銀行やフラット35の場合は仕事の条件も審査基準には書かれていません。

 

ただ、自営業者が住宅ローンを借り入れるとき、もう一つ壁になることが、所得です。

 

自営業者の場合、税金対策として売上げや所得を少なめに申告している場合があるからです。

 

所得が少ないと審査に不利になります。また、借りられる額も少なくなるということです。

 

かといって、所得を高く申請しても税金が高くなるということになります。

 

自分の借り入れしたい額から、どのくらい所得があるといいのかを調べることも大事です。

 

銀行のサイトでは住宅ローンシュミレーションをネット上で計算できるところも多く、検討している銀行でまず、このぐらいの所得でこのぐらい借りられるということを調べておくと、審査にも有利になってくるのではないでしょうか。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿