住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

『フィット・フォー・ライフ』 ナチュラルハイジーンで綺麗で長生き!

 

フィットフォーライフ

読書は趣味なのですが、今は下記を読んでいます。

冬は猫みたいな生活をしているので太ってしまいました(笑)
友達に紹介してもらい、ワールドワイドでも絶賛の書籍なので
期待して読み始めています。

 

●『フィット・フォー・ライフ』
 健康長寿には「不滅の原則」があった!/グスコー出版 

 

フィット・フォー・ライフ

 

ただの「ダイエット本」では無いですね!

もっと人間の活動原則に基づいた哲学的な気がしています。

 

最近、「ローフード」が流行ってますが、
考え方の原理原則はこの書籍に詰まっている気がしました。

 

そもそも「ダイエットをしよう!」っていう考え方は
間違っていると感じました。

もっと自分のカラダと対話して、本当に必要なものは何なのか?
自分に取って不必要な物は何なのか?
を基礎のレベルから考え直せば、改めて「ダイエット」を行うと行った
”行為”自体が無くなる気がしました。

もっとわかりやすく言うと、
「ダイエット」『方法論』では無く『考え方(思考法)』が肝心。
ってシンプル過ぎて、わかりにくくなってしまったかも(笑)

『ナチュラルハイジーン』
という言葉もこの書籍の中から産まれ
世界中に広まっていったキーワードです。

直訳すれば『自然健康法』です。

人間の体に取って、本来必要なものだけ摂取する。

 

逆に言えば現在社会人は、如何に余分な物を摂取しているかがわかります。
特別に難しいことをしている訳では無く、
人間のカラダに必要なものを原点に戻って見つめ直した時、
本当に必要なモノと不必要なモノ(カラダを傷つけている物)がわかる。
と言った内容です。

 

ここで言われている「必要な条件」とは、
①自然との触れ合い(朝の日光、新鮮な水や空気)
②原点に返った食事メニュー
③ストレスの無い休養や力を蓄える睡眠
④適度な運動
上記に大別されるでしょう。

『フィット・フォー・ライフ』
で特徴的に説明されているのは食事方法です。

①午前中は果物のみを食べカラダの代謝を促す。
②消化と栄養素の高い”生野菜”を中心の食事にする。
③本来不必要な動物性蛋白質は控える。
④精製加工食品は控えるべきである。

 

これも特に難しい訳では無いです。
人間の生活レベルの基本に戻って、
『自分の好きなモノでは無く、カラダに良いモノ』で選択する
とこうなると言った感じです。

 

私が思うに、
「ダイエット」に成功するのは、「方法論」で無く「思考法」です!
まずはこの書籍で「思考法」から考えなおしてみる方が
「ダイエット」は成功するし長続きすると感じました。

 

本日も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

 

<追伸>----------
[2011.02.06]の記事に加筆と修正を行いました。
もう3年も前なのですね。
ブログに慣れていなかったのはありますが、
あまりにも文章が稚拙で、恥ずかしい気がしました。
テーマは悪くないと思うのですが。。。
他にも稚拙な文章が目立ちますので、
時間を見て加筆&修正を行っていきたいと思ってます。
また宜しくお願いします。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿