住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

キーボードを取り替えてみた! iBUFFALOキーボード

 

メンブレン式キーボード

私は身の回りのステーショナリー(文房具)には凝る方です。

文房具は一番使用頻度が高いものですし、気分転換にも最適です!
しかも文房具だったらそんなに高いものでも無いので経済的です。

 

今回は久しぶりにキーボードを換えてみました。

 

前のキーボードは重すぎて腱鞘炎になりそうだったので、
気分転換と言うより機能的に交換してみました。

 

普段は自宅でデスクトップPCで作業してるのですが、
デスクトップPCのキーボードはキークリックが重いものが多いですよね!

 

デスクトップPCで採用されているキーボードは
パンタグラフ式が多く、キーごとに独立したスイッチ機構が備えられていて
耐久性は100万回以上あるのですが、早打ちするには向いてない気がします。

 

私はノートPC並に軽いキータッチのキーボードが欲しくて
近くのPCデポットまで買い出しに行ってきました。

 

今回、購入してきたのは下記のキーボードです。

 

2014-07-22 keyboard_01

 

メンブレン・キーボードでキータッチは軽くて良いです。
メンブレン式は簡単に言うと、一枚のシート状の素材でキーボードが構成されていて
薄型化が可能なことから、ノートPCでよく用いられている方式です。

 

デスクトップ用のキーボードでメンブレン式は、なかなか無かったですが
安い製品で一個ありましたので、試しに購入して来ました。

 

価格は2,000円だったので、安い買い物でした。

価格が安いので当然、USB接続です。

 

キーはアイソレーション式を採用しており、
全てのキーが独立しているので、打ち間違いは減るかもです。

 

使い勝手ですが、まぁまぁといった感じです。
キータッチはさすがにメンブレン式だけあって軽くて良好です。

 

ただ今まで使っていたキーボードよりサイズが一回りぐらい
小さくなってしまったので、ブラインドタッチとまでは行かなくても
配置の感覚に戸惑っています。

 

Deleteキーも小さく間違って他のキーを押してしまったりします。
ただキー配置、大きさは慣れると思うので、全体的には経済的に

抑えられたし良好といった感じです。

 

身の回りの物は利用頻度が高いので何よりも重要です。
ステーショナリーは少しは凝ってみても良いのでは無いでしょうか?

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿