住宅ローン見直し 借り換え

住宅ローン見直し・借り換えを検討する!

Windows7の勉強 | OSの原理はわかると理解が早い!

 

私はPCのOSはMS-DOSの頃から触っているのですが、

 どうしても新しいOSになっても、

どの様に動いているのかを知りたくなってしまいます。

 

MS-DOSの頃は簡単でした。

 

パソコン

 

 その前に「MS-DOS」って何だ?って方も多そうですね。。。

 

発売当初は画期的な”OS”で、マイクロソフトのビル・ゲイツが

世界中で有名になったのも、このソフトの開発のお陰です。

 

「MS-DOS」とは、「Microsoft Disk Operating System」の略です。

 

マイクロソフト社が開発したパーソナルコンピュータ向けの

オペレーティングシステム(OS)を示しています。

 

当時は(今から25年ぐらい前)、PC(パーソナルコンピュータ)が
出始めた頃であり、NECのPC-9800シリーズが全盛期を迎えてました。

 

そのマシンのOSに採用されてたのがMS-DOSであり
マイクロソフト社もまだまだヒヨコの感じでした。

 

「MS-DOS」は16bitパソコンで動作するシングルタスクの
オペレーティングシステムでした。

 

シングルタスクで階層構造もDLLもなく、動作はわかりやすかったです。

 

今でも使える「コマンドプロンプト」はMS-DOSの名残です。

使うたびに懐かしさがあります(笑)

 

その頃からPCを触っているため、
どうしてもPCの動作メカニズムに興味があり
動作の全てを把握してみたくなります。

 

ただ今のPCのOSは完全に理解するのは無理ですね...

 

DLL(Dynamic Link Library)ダイナミックリンクライブラリが
採用され初めた頃から、内部の動きがわからなくなってしまいました。。。

 

DLLは、いろいろなアプリケーションで使用される汎用的な機能をモジュール化したもであり、

 

モジュール化というパッケーシにしてしまったため、プログラム開発者でも無い限り、
PC中の動作原理を理解するのは難しくなってしまいました。

 

それでもある程度の動作原理は把握したく、
OSが変わった時には書籍で勉強します。

 

 

今回の私のPCは、XPからWindow7にVistaをスキップしてバージョンアップしました。

 

逆に言えば、Vistaがヒドかった。。。

 

無駄にメモリーは食うし動作は重いし、存在意味がわからないOSでしたね!

 

そのVistaの反省を生かして開発されたWindows7は、良好の印象を受けました。

 

動作もVistaに比べれば軽いしシンプルな印象で使いやすいです。

 

それでもOSが変わると画面構成から変わってしまいます。

 

エキスプローラの操作といった通常作業から変わって来てしまいます。

 

無料のネットで勉強する手もありますが、

 

一番経済的でわかりやすのは「書籍」です。

 

「書籍」だったらPCと書籍を比較しながら設定を行いやすいですし、

 

書籍は値段に対する情報量もハンパ無いです。

 

Windows7関係のいろんな本を検索してみましたが、

 たまたまAMAZONで見た「Windows 7 上級マニュアル」は、わかりやすかったです。

 

Windows 7 上級マニュアル/技術評論社

 

「上級」とは書いてありますが、
説明も丁寧ですし図も多用されていて見やすかったです。

 

本のレベルが「上級」なだけであり、
初心者お断りのベテラン・ユーザー向きの書籍では無いですね。

 

それにこの書籍は辞書のような働きもできますので、
元から全部読む必要は無くWindows7の機能で不明点が発生した時、
検索するといった使い方も可能です。

 

特に良かったのは、「Windows7はXPやvistaと何が違うのか」
詳しく解説してくれている点です。

 

Windows7で何ができるかが具体的にわかりやすく書かれていたので、
これからWindow7を初めて触る方には最適な感じがします。

 

「上級MANUAL」と書かれているので、難しそうに感じますが、
難しさが「上級」の訳では無く、「初心者」の方でも十分役立つと思います。

 

PC関係は変に難しかったり、逆に易しかったりで

 なかなか最適な本に出会わないですが、
今回は当たりを引いた感じで嬉しかったです。

 

本日も最後までお読み頂きまして、

 ありがとうございます。

 

P.S.----------
元は[2011.02.07]の記事ですが、あまりにも表現が稚拙で

 恥ずかしかったので加筆と修正を行わせて頂きました。

 宜しくお願いします。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

住信SBIネット銀行(ネット専用住宅ローン)
住信SBIネット銀行(フラット35)
人気記事一覧
最近の投稿